2008年 10月 10日

エゾビタキ

先日も紹介した鳥です。今日も同じフィールドに行ってきました。胸に斑点のある比較的地味な鳥さんで、大きさはスズメくらい。春と秋に日本を通過する旅鳥。夏の間はサハリンやカムチャッカなどで繁殖し、秋の一時期日本でミズキの実やフライイングキャッチでつかまえた虫などで栄養を蓄え体力をつけた後、暖かい南の国に渡っていくようです。

     NIKON D300 & AF-S NIKKOR VR 300mm F2.8 + TC17EⅡ


f0196803_1923422.jpg
f0196803_19235661.jpg


by casual4 | 2008-10-10 19:24 | 野鳥の写真


<< 富士山のホシガラス      エゴの実とヤマガラ >>